川崎病に関する本の紹介です
尚、各書籍の購入を希望される方はこちらのオーダーフォームよりお申し込み下さい。

 「タイトル」
川崎病後の妊娠と出産

「内容」 
川崎病後妊娠と出産は可能か?から始まり、
心臓に後遺症を残した場合の(薬・虚血など)注意事項を
詳しく解説 「親の会」30年記念事業の一環として発行

著者 木口久子先生(高知医療センター)

A5版 18ページ 定価200円(送料80円)

「タイトル」
 川崎病なんでもかんでもQ&A 改訂5版NEW!

「内容」
川崎病に関して、親の立場で知りたい内容79のQに対して、「親の会」のメンバーである親自身が答えている川崎病に関する総まとめともいえる解説書の最新版

監修 薗部友良先生(NPO日本川崎病研究センター理事)
推薦 川崎富作先生(NPO日本川崎病研究センター理事長)

A5版 136ページ 定価1000円 送料80円

「タイトル」
 新「川崎病がわかる本」

「内容」
川崎病の歴史を含め、川崎病をやさしく解説した本。

発行 朝日新聞厚生文化事業団
著者 浅井利夫先生(東京女子医科大学第2病院)
    田辺 功氏(朝日新聞編集委員)

A5版 64ページ 定価500円 送料80円


「タイトル」
 川崎病ハンドブック(日本語版)

「内容」
川崎病に罹患した本人に川崎病を理解させるための参考書。
川崎病の基本的内容を記した解説書

発行 川崎病の子供をもつ親の会
監修 川崎富作先生(日本川崎病研究センター所長)
    神谷哲郎先生(元国立循環器病センター小児科部長)

A5版・13ページ 定価200円 送料 80円

「タイトル」
 川崎病ハンドブック(英語版)

「内容」
上記川崎病ハンドブックの英語版

発行 川崎病の子供をもつ親の会
監修 川崎富作先生(日本川崎病研究センター所長)
    神谷哲郎先生(元国立循環器病センター小児科部長)
    鈴木淳子先生(東京逓信病院小児科)

A5版・13ページ 定価400円 送料 80円

「タイトル」川崎病と向き合うために
−私たちは今…本人からの声−

「内容」
罹患した本人(16)歳以上へのアンケート調査報告
罹患した本人によるシンポジウム「川崎病と私」
川崎病・成人領域の問題点

「親の会」のあゆみと川崎病の歴史
「親の会」25年の総集編

A5版 214ページ 定価1,000円 送料80円



トップページへ